--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/05/11 (Mon) 「御堂関白記」本日発売!

全訳「御堂関白記」買ってまいりました!
表紙のデザインも秀逸なり。堂々たる貫録!
道長パパの、あの「御堂関白記」が、全文現代語訳で、
それも文庫本(専門書ではない!)で拝読できる日がくるなんて……、
まるで夢のよう……いいえ、夢ではございませんの。
ああ、いとうれしきここち!
どれほど待ち望んでいたことでございましょう。
学術文庫さま、ありがとうありがとう!
懐かしい「寛弘の四納言」の美しい御名に涙ぐみました。

上中下の計3冊になるようでございます。
巻末には、なかなか詳しい用語集、人物注、年譜、系図なども
収録してあります。ちょっと調べたいときに便利ですね。
このうえ贅沢なことを申してよろしければ、人物名で引ける
索引なぞも最終巻に付けていただけましたなら完璧。
残念ながら、原文および書き下し文は収録されておりませんでした。
これは本当に残念です。原文だけを別冊で出してくださらないかしら。

そしてそして。
道長パパの汚い…失礼、おおらかな書きっぷりの
素敵日記も誠によろしいのでございますが。
こうなったからには、是非に「権記」も!
素晴らしい能書家の行成さまの「権記」全訳本も、切にお願い!

古典 | trackback(0) | comment(7) |


<<揃いました | TOP | マイブームは李賀>>

comment











管理人のみ閲覧OK


おひさしぶり… 

ふらっと、様子を伺いに。

御堂関白記、出てたんだ…すごい。
早速さがしに行ってみようと思います。

私のほうは、ふらっと入った古本屋さんで
年来の捜し物だった岩波文庫「玉葉和歌集」を見つけて
最近になく舞い上がってしまいました。

またまた遊びにきまする。

ではでは…。

2009/05/27 13:35 | さねとも [ 編集 ]


まあ…! 

お久しゅうございます!
草庵にお立ち寄りくださって、ありがとうございます。
まさかのご反応を頂けて、とてもうれしいです。

ええ、出たのですよ! びっくりですよね。
そして自分のハイテンションっぷりに一寸呆れております。
でもでも、本当にうれしかったのです~。
6月に分冊の(中)が出るようですので、よろしければ
既刊(上)と一緒にお探しになってみてくださいませね。
それから、なんと角川ビギナーズクラシックからも
出るそうです、やはり同じ6月に。
いったい何なんでしょうねえ……。
どうなってるのでしょうねえ……。

岩波文庫「玉葉和歌集」を入手なさったのですか!
なんてステキかしら…!
なかなか見かけませんものね。すごいです。
私のほうは、春に復刊された「新勅撰和歌集」を。
鎌倉右大臣のお歌がたくさん採られておりまして、
何だか微笑ましゅうございます。
だって、定家さんがお歌の師匠をなさっていたこと
などを考えますと…ね。可愛いのです。ふふっ。(笑)

2009/05/31 22:33 | 霧姫 [ 編集 ]


おおー 

レスがうれしいー♪

落ち着いた感じをやめて、私も飛ばして書きます。

新勅撰、私ももちろん買いましたっ!
鎌倉右大臣25首、名前が出るとドキッとします…。
新勅撰と同時期に岩波さんからほら、李賀のやつ上下巻も一緒に出てましたよね。

この日記の一つ前の、本棚の写真、李賀だらけで感動してしまいましたわよ(笑)。

最近の岩波さんの漢詩系は本当にすごいことになっていて、陸游に李商隠も出してましたね。

喜んで飛びついてしまいました。

そしてビギナーズクラシックからも『御堂関白集』ですか…。

今って古典ブームなのかしら。

こういうお話しが出来る知り合いも最近は減る一方でしたので、ちょくちょく覗かせていただきます。

よろしくお願いいたします。

2009/06/01 16:51 | さねとも [ 編集 ]


はうあっ! 

重ねてのお越し、どうもありがとうございます!
それなのに私ったら、こんなに気づかずに……大変申し訳ございません。

私こそ落ち着きがなくて恥ずかしく…。
ええ、飛ばしてください飛んじゃってくださいませ。
そうやって近しくお話いただけるほうが私もうれしゅうございます。

新勅撰、やはりお求めになられてましたか。
見逃せない機会ですもんね。これからも岩波文庫に期待大です。
私は藤原行成さまの、たった1首のお名前にドキッでした。
他にも懐かしい顔ぶれに満ち溢れていて、胸きゅんきゅんですわ~。

ご明察です、李賀の上下もこの時に買いました。
ずっと欲しかったので復刊のニュースに舞い上がりましたわ。
そのうれしさのビジュアル化が、ご覧頂いた写真のとおりで…。(笑)
陸游、李商隠。勉強不足な私はお名前程度しか存じ上げないのですが、
今度意識して探してみるようにします。
さねともさんは、いろいろご存知でやはり素晴らしい!
お話させて頂けて光栄でございます!
きちんと手入れも行き届かず、ただ細々と続いている場所ですが、
こちらこそ、今後ともどうぞよしなに。

2009/06/09 21:10 | 霧姫 [ 編集 ]


角川「御堂関白記」買いました。 

こんにちは。

ビギナーズクラシック版の「御堂関白記」を買いました。

あの短い、ぶっきらぼうな原文(漢文)から、あそこまで想像力を働かせられる研究者ってすごい…。

同時代のいろんな資料を駆使して道長の人間くささを浮かび上がらせる、気の遠くなりそうな作業をいとも簡単にやり遂げている点がこにくらしい。これ自分にも出来るって勘違いする人が出てきそう。

それにしても読んでいるほどに講談社学術文庫版が欲しくなる本でした。

貴重な情報ありがとうございましたー。

2009/07/13 10:16 | さねとも [ 編集 ]


角川版買いましたー。 

講談社学術文庫版は、店頭でパラっとめくってみて「ん、これはキツイ」と思ってしまったのでビギナーズクラシック版を。

あのぶっきらぼうな原文(たった四文字とかあるのに)に対してあれだけの想像力を働かせられる研究者ってすごいわ。

それに道長に対する(ちょっと)ねじれた愛憎と言いますか、人物の評価がぶれてないので、道長がどういう人だったのかが身近に感じられました。

これは講談社学術文庫版も買って、私が想像力をふくらませる側にならなければ…。

さらにさらに、確かに『権記』欲しくなりますね。

いやーいい本でしたわ。
いい本紹介してくださってありがとうございます。

2009/07/14 09:13 | さねとも [ 編集 ]


私もー! 

お返事が遅れてしまい、申し訳ございません。
ご報告くださって、ありがとうございます!
私も買ってしまいましたわ。角川も講談社も。散財ふふふっ。
なれど、全部はまだちゃんと読んでおりません。
大変面白いのですけども、さすがに分厚い。キッツイ。
ね、すごいですよね。ビギナーズというからどんなモノやらと
思って(大変失礼ながら少々不安も)おりましたが、とんでもないっ!
あれだけボリュームのある内容を、しっかりとまとめて
くださって、適切なコメント付き、おいしいところ満載。
道長さん文章が下手っぴね、とかツッコミも。(笑)
膨大な知識も不可欠ですし、何より道長さんを好きで
なければ成せない仕事だと思いました。
「ねじれた愛憎」、ひしひしと感じます。
まさに愛憎版でございますわ。
こういう面白い本がどんどん出版されるとうれしいですね!

お時間に余裕がございましたら、学術文庫のほうも是非。
淡々と続く文章の中に、何やら想像力が刺激されますよ~。

2009/07/26 19:18 | 霧姫 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://yamanoha.blog41.fc2.com/tb.php/62-6bbc3b58

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。